PET-CT検査のメリット

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

CT検査は形や大きさでがんの診断を行い、PET検査は細胞の活動レベルの判定を行います。双方の画像を比較や重ね合わせをすることで、より小さいがんの診断が可能です。

PET‐CT検査では、PET検査とCT検査を同一のベット上で行い、時間的変化、体位的変化が無い状態で撮影を行いますので、PET画像とCT画像を重ね合わせた際に病変部位にズレが生じません。従って通常のPET検査に比べ、当施設のPET-CT検査はより正確ながんの診断が可能といえます。
また、CTの単独検査では小さな病巣やリンパ節を見落としてしまうケースがあります。がんの見落としを無くすがん検診にはPET-CT検査が必要です。

メリット

ページの先頭へ